FC2ブログ

クランクのフィキシングボルトにロックタイトで解決するのか?

自転車の問題が解決しません。
左クランクが緩んで外れそうになります。

クランクの穴が広がってしまったかもしれないアルミから
スチールのクランクに変えました。

これでもう大丈夫だろうと思ったんですが、
走っていたらグラグラしてきてしまいました。

なので、そんな時の為に、自転車に乗る時は必ずM14が回せる
ソケットレンチを持って移動してます。

なんで右は全く緩まず左だけなんだろうか。
素人には全くわかりません。

一応、フィキシングボルトも変えてみました。

でもやっぱりダメ。

強力な接着剤で固めちゃおうかと思ったけど、
いざ抜こうとした時抜けなかったらいやだし。

ネジの緩み止め剤でも入れてみるかって事で、
ロックタイトを買ってみました。

ロックタイト243

意外とお高いお値段。
写真だとわからないけど10mlの容器なんです。
アマゾンで見たら941円でした。

ボトムブラケットのボルトを入れる穴とフィキシングボルトを
パーツクリーナーで綺麗にして
ボルトにぬりぬり、かんたーん。
ボルトを締め込んで1日おきます。

ネジの緩み止めで思い出した。
前にもタミヤの緩み止め買ったんだった。
あの時は、ダーツのシャフトを止める為だったな
なんて考えてたら一日経過です。

さあどうなんでしょう。

家から1km位はしった所で、クランクに違和感。
降りて、触ってみたら、
緩みはじめていました。

やっぱりダメなんだね。
締込みが足りないのかな?(泣)

近いうちにお店で見てもらう事にします。

HC ロックタイト LNR-243 ネジロック243中強度10ML[HTRC 3]


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサード リンク






楽天ウェブサービスセンター

最近の記事

月別アーカイブ

検索

最新トラックバック